忍者ブログ

[PR]

2017/09/25  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

協会は返答を保留中

2009/07/08  カテゴリー/ラブリーカテゴリ1

2000万円!前時津風親方が退職金請求。大相撲時津風部屋の序ノ口力士・時太山(本名・斉藤俊さん、当時17歳)の暴行死事件で傷害致死罪に問われ、1審の名古屋地裁で懲役6年を言い渡された前時津風親方の山本順一被告(59)=控訴=が、2007年10月に解雇された日本相撲協会に対し2000万円前後の退職金を請求していることが3日、分かった。協会は返答を保留中だが、拒否することが濃厚。山本被告が提訴することもあり得るが、これに対し協会は損害賠償請求での“応戦”も可能。前親方と協会が退職金を巡り、法廷で対立する泥仕合に発展しそうだ。5月29日に懲役6年を言い渡されたばかりの山本被告=写真=に、新たな事実が発覚した。協会関係者によれば、力士の退職金に当たる養老金の請求は最近になって協会に届き、28日に行われた同協会の定例理事会でも議題となったが、返答は保留している。協会は、2月27日に財団法人の規則となる寄付行為の一部を改正。解雇処分となった親方、力士には理事会の決議によって退職金などを支給しないか、減給できるとした。だが、山本被告が解雇されたのは07年。新規定は適応されない可能性が高く、支払い義務が発生する。これに対し関係者は「払わない方針です」と拒否することを示唆した。

ワザポン用コードで攻略
ネルシャツでワンピ
近畿労金の情報
フラウインターナショナルと韓国
袴(はかま)のヘアースタイル

PR